植物は一つひとつが自然の芸術品。 【ガーデントロピカ】は一点もの主義のお店です。ガーデントロピカのこだわり:1.ガーデントロピカは現品お届け 2.手間をかけた商品をお届けします 3.良い観葉植物の基準を設けています

 

Lesson2  日当たりの確認

観葉植物の好む生育環境について、まず、日当たりから確認してみましょう。ガーデントロピカでは、植物の好む日差しついて、次のマークで表しています。是非ご参考にしてください。


陽光を好むタイプ  …→ 日当たり,両貊蠅

直射日光または、ガラス越しの直射日光を好みます。窓辺のごく明るい場所でも大丈夫です。      

   半日陰を好むタイプ  …→ 日当たり△両貊蠅

直射日光を嫌うという意味です。特に夏の直射日光は禁物です。半日陰とは、レースのカーテン越し程度の直射があたるところから、明るい窓辺まで、と幅が広いのですが、部屋の奥のほう ( 日当たり )で は、長期間置くと光が不足気味となる場合があります。それについては、Lessonn3 でお話することにします。

                       

ほとんどすべての観葉植物が、 「 日当たり ↓ 」 の置き場所を好むことになります。  

ご存知の通り、植物は光合成をしますので、光の無いところでは生育ができません。つまり、窓が無く日光が全く入らないところ ( 日当たり ) では、観葉植物といえども生きていけないと考えてください。この場合もそれなりの対策を講じることで、観葉植物をおくことができます。 Lesson3 を参考にして下さい。

観葉植物の置き場所 明るさ

ページトップへ